女性の薄毛にプロペシアやミノキシジルは使える?

女性の画像

薄毛で悩んでいるのは男性だけではありません。
「女なのに薄毛で恥ずかしい」という女性が、AGA治療薬のプロペシアやミノキシジルを服用しても効果があるのでしょうか。

ミノキシジルは女性にも発毛作用を発揮しますが、プロペシアは返って健康を害してしまうリスクがあります。ここでは女性の薄毛治療に役立てるために、女性のAGA治療薬の利用について解説していきます。

ミノキシジルは女性もOK!
ミノキシジルは女性用の外用薬が発売されており、女性の薄毛治療にも効果的。ミノキシジル配合の外用薬を使うと、血行促進作用により発毛を促すようサポートしてくれます。

ただし女性が使用する際は、いくつかの注意点あるので確認してください。
・女性用で濃度1%の外用薬を使う
少しでも早く薄毛を治したいからといって高濃度の塗り薬を使うと、動悸や血圧の低下といった副作用のリスクが高まります。安全に治療を続けるためにも、用量を守るようにしましょう。

・抜け毛の原因を知る
抜け毛の原因は妊娠や出産などのホルモンバランスの変動、急激なダイエット、甲状腺疾患の発症などさまざま。これらの要因で起こる脱毛に関しては、一度皮膚科や婦人科を受診することをお勧めします。

自身の頭皮と毛髪の状態をしっかり把握して、医師と相談しながら治療を始めましょう。

プロペシアを飲めるのは男性だけ
プロペシアは男性限定のお薬で、男性ホルモンに作用して薄毛を改善します。女性が服用するとホルモンバランスが崩れて、頭痛や吐き気といった症状を引き起こす可能性があるんです。

また妊婦や妊娠予定の女性は、特に注意が必要。男の子を妊娠している場合、プロペシアによって胎児の生殖器の発達を阻害される恐れがあります。

プロペシアは肌からも吸収されるので、誤って接触しないようお薬ケースで管理するようにしてください。