男はなぜハゲる?AGAになりやすい人・なりにくい人

男性の画像

抜け毛で悩んでいる男性のうち90%がAGAで、男性ホルモンが大きく関係しています。

主な薄毛の原因は脱毛ホルモン・DHTです。DHTが毛根へ「毛よ抜けろ」という指令を出すことで、抜け毛を促進させているのです。

ではすべての男性がAGAになりやすいのかというと、そうではありません。世の男性の中には、「ハゲやすい人」と「ハゲにくい人」がいるのです。

あなたはどっち?ハゲやすい人の特徴
残念なことにAGAは遺伝すると言われていて、父方と母方どちらかの家系に「AGAでハゲた」という人が居れば遺伝する確率が高くなります。

遺伝すると聞くとつい父親の毛髪をチェックしてしまうかもしれませんが、母方の祖父もAGAの遺伝に関わっています。

AGAになるかどうかは、DHTの影響を受けやすい毛母細胞の受容体を持っているかで決まります。そして受容体の感度は母方の祖父から遺伝するので、注意が必要なんです。

現在薄毛が気になっていなくても、親族に薄毛の人がいる場合は早めのAGA治療を始めましょう。AGAは進行していくので、早期治療がもっとも重要です。

生活習慣が乱れるとハゲる
AGAの原因は、遺伝という先天的要素だけではありません。睡眠や運動不足、食事といった後天的要因も、AGAの発症や進行に大きく影響を与える可能性があります。

生活習慣が乱れると血流の流れが悪くなり、毛根に栄養が届きにくくなるのです。その結果、抜け毛が増えたり髪が細くなったりといった症状が現れるように…。

遺伝は防げませんが、生活習慣なら自身の心がけ次第で改善できるはずです。抜け毛のリスクを減らしたければ、普段の生活を見直して健康的な毛髪を維持しましょう。