その薄毛、早期発見&治療でなかったことに

男性の画像

男性の皆さん、以前と同じ毛量を保てている自信がありますか?
70~80%の男性が薄毛に悩んでいると言われており、そのうち90%は男性脱毛症(AGA)が原因です。

今はそれほど薄毛だと感じていなくても、今後AGAになる可能性は大いに考えられます。

AGA治療は、早期発見&早期治療が何より重要。早めに対処して頭皮環境を整えれば、AGAの進行を食い止められるんです!自身の症状がAGAに当てはまるか、確認してみましょう。

おでこの後退に気づいたら…
抜け毛の量が増えた、おでこが広くなった…と感じたらAGAの初期症状かもしれません。

生え際に症状が現れると「額が広くなった」「顔全体の大きさが気になるようになった」と、ちょっとした変化でもすぐに気づけるはず。

AGAは進行するので、早めの対処がとても重要。早期発見&早期治療で、脱毛が悪化しないようにしましょう。

脱毛が広がると、前頭部から少しずつ髪の毛が薄くなっていくM字ハゲや、頭頂部を中心に髪の毛が薄くなっていくO字ハゲに発展します。

重度のAGAになると、前頭部と後頭部の脱毛部分が繋がったり側頭部まで脱毛が及んだりするケースがあります。

市販の育毛剤を使っても髪は増えない
「薄毛になったから近所のドラックストアで育毛剤を買ってみた」という男性を見かけます。

身近で売られているので、安心感があるのかもしれません。

しかし残念ならがら市販の育毛剤を使っても、髪が増えるわけではありません。

ほとんどの市販育毛剤に含まれているのは、ミノキシジルという発毛を促す成分です。

毛を生やす作用がありますが、抜け毛を減らすわけではないので薄毛の進行が進んでしまいます。

AGA治療では「発毛」「育毛」「脱毛を抑える」という総合的なアプローチがとても重要。

<AGA治療に有効な成分>
発毛作用があるのは→ミノキシジル
抜け毛を減らすなら→フィナステリド
市販の育毛剤を使うなら、フィナステリドを含むプロペシアという治療薬を併用するのがオススメです。

脱毛抑制と発毛効果で、早めの薄毛対策を心がけましょう!